引越し準備.com-楽するお得する引越し情報

引越し準備.com

掃除・不用品処分のコツ

引っ越しの不用品・粗大ごみ処分、みんなどうしてる?回収・買取でかしこく節約しよう

更新日:

引越しで困るのが「不用品の処分」です。

引越しが決まったら、不用品をどんどん処分していきましょう!
荷物が減らせるので引っ越し料金も安くなりますよ。

粗大ごみや不用品は、ゴミに出すと処分費用が掛かってしまいますので、まだ使える物は売ってお金にする事も検討しましょう。

ただし、引っ越しの日までに間に合わないと、新居にゴミを運ばなくてはならない事も…まとまったお金が必要になる引越しのタイミングだからこそ、引越しまでの時間や段取りを考えながら、できるだけお得な方法を選びたいですね。

今回は、引っ越し時に出る粗大ごみや不用品の処分方法について、まとめてみようと思います。

粗大ごみ・不用品の処分方法

1、自治体に「粗大ごみ」として出す

粗大ごみ処分方法として一番に思いつくのが「自治体のゴミ出し」。
ゴミ袋に入りきれない大きいものは、自治体へ連絡して所定の手続きをすれば有料で回収してもらえる所がほとんどだと思いますが、市区町村によって回収の仕組みも処分費用も、かなり違ってきます。

ベッド・ソファー・食器棚・テーブルなどの家具類や、布団・自転車・ガスコンロ・ストーブなども粗大ごみとして引き取ってもらえるところが多いです。

処分費用を浮かせるには、自治体の「処理センター」などへ自分で搬入すれば、かなり安く処分できることができます。

トラックなどを用意できる人は、自分での持ち込みも検討すると良いでしょう。

※エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は、家電リサイクル法により別途有料で引き取ってもらう必要があります。家電を買ったお店か、最寄りの販売店、指定業者に収集を依頼することで処分できますが、法律で決まっているリサイクル料金の他、回収・運搬の料金もかかります。

2、リサイクルショップで売る

まだまだ使える不用品は、リサイクルショップで売ることもできます。

家電を普通に処分するとリサイクル料など結構なお金を支払わなくてはなりませんが、「中古」として売れれば、逆にお金をもらえることも。

家電やブランドものだけでなく、家具や、意外と場所をとって重さもある「本」、あまり聞いていないCD、小さくなった子供服、子どものゲームソフトなども売れます。

意外な所では、香水、収納ケース、食器、トレーディングカード、ガチャガチャで集めたオモチャなども買い取ってもらえたりします。

捨ててしまえばゴミですが、欲しい人にとってはお宝かもしれません。
まずは買取してもらえるかどうか連絡してみる事をおすすめします。

3、オークション・フリーマーケットで販売する

ヤフオクなどインターネット上で取引できるオークションや、地域のフリーマーケットに出品して、不用品を売るという方法もあります。

ただし、出店費用がかかるケースがほとんどで、出したものの売れなかったという事も多く、交渉や準備に時間もかかるため、引っ越し直前の不用品処分としては、あまり向いていません。

引越しまで数か月余裕がある人は、これを期にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

4、友達・知人にゆずる

友達に声をかけて、必要な物があればプレゼントするのも良いですね。

すぐに持って帰れるものならばよいのですが、家電や家具など大きいものは、運び出したり運搬する手間がかかりますので、どうやって運ぶかも検討する必要があります。

5、引越し業者に引き取ってもらう

引越しに十分な時間が取れない人に人気なのが、引っ越し業者に粗大ごみや不用品の処分まで一括で申し込みできるサービスです。

回収してもらうのは有料になってしまいますが、まとめて対応してもらえるので、一番楽な方法ともいえます。

回収サービスに対応していない引越し業者もあるので、見積りを取る時に、一緒に尋ねてみると良いでしょう。

6、不用品回収業者・便利屋に依頼する

戸建てからマンションへの引っ越しや、長く住んでいる家からの引っ越し、遺品整理が必要な場合などは、処分しなければならない物の量が多くなりがちです。

そんな時は、まとめて不用品回収業者に一括で取りに来てもらうという方法もあります。

全てを「ゴミ」として処分するだけでなく、整理後に使える物や価値のあるものを買取をしてくれる回収業者もありますので、回収・処分費用だけでなくサービス内容までチェックするようにしましょう。

引っ越しの粗大ごみ・不用品は、早めに片づけよう!

自治体の粗大ごみ回収は、処分を申し込んでも回収が1か月先という事も珍しくありません。

物が多いと、引っ越しの料金もかさばってしまいますし、引越しの日に間に合わなかった場合は、粗大ごみや不用品まで新居に運ばなくてはならなくなります。

引越しすることが決まったら、できるだけ早い段階で、処分できる物、手放せるものが無いかを検討していくと良いでしょう。

まとめ

粗大ごみや不用品の処分だけでも、ちょっと工夫をすることで、最終的な引っ越し金額にかなりの差が出てきます。

なかなか捨てられない物もたくさんあると思いますが、1年以上使っていない物などは、思い切って『断捨離』すると、かなりスッキリします。

大事に使っていた物であればある程、ゴミとして処分されてしまうのはツライものですが、他の人に使ってもらえる可能性がある上に、引っ越し費用の足しにする事も出来るのであれば、ぐっと手放しやすくなるかもしれません。

 

このページからよく申し込みされている引越比較サービス

LIFULL引越し

大手の不動産情報サイト【HOME’S】が運営する、引越し見積サイトです。

見積もりが欲しい引越し業者だけを選んで予約することができるので、ムダな営業電話に悩まされることもなく安心して利用できる所が人気です。

最短45秒のカンタン入力も便利。『10万円キャッシュバック』などお得なキャンペーンも開催中。

引越し達人セレクト

運営実績15年の“老舗”最安55%OFFの引越し見積サイト。

最短30秒の簡単入力だけで、各引越し会社の料金・サービス情報が「その場」でわかるのが特徴です。

引越し会社を比較・検討した後に見積依頼ができるので安心。当サイトで一番申込みの多い、人気の引越し見積サービスです。

引越し価格ガイド

引越し業者260社の中から最大10社を選んで一括無料見積りできます。

最短1分の入力だけで、見積もり依頼と同時に料金相場がわかるので、すぐに引越し料金の目安を知りたい方に人気のサービスです。

-掃除・不用品処分のコツ

Copyright© 引越し準備.com , 2021 All Rights Reserved.